アラフォー女性がくびれがなくなる理由

こんにちは!
アクティブビューティーMegumiこと、日高めぐみです。

 

女性らしいボディーラインの象徴・・・

くびれ!

くびれは、男性にはできない女性特有の曲線なので

くびれのあるボディーラインはぐっと女らしさ、美しさを感じますよね!

実はこのくびれ・・・痩せていたらできるものではなく

何もしなければ、年齢とともになくなってしまうのです。

 

 

ちょっと衝撃ですよね?

女性らしいボディーラインをキープしたいのに!

体重も増えていなくて、20代の頃の服もまだ着られるのに・・・

 

“着られる”と言っても

サイズ的に、まだ入るだけで

若い頃に着ていた服が、似合わない!決まらない!って事ありませんか?

 

そうなんですよ〜!

体重の増加がそれほどなくて、服のサイズが変わっていなくても

アラフォーを過ぎた女性の身体は、確実に変わっていっているのです。

いろんな部位の変化はありますが、特に今日は

 

くびれがなくなる原因

について書いてみようと思います。

 

★女性ホルモンの減少

高校生や20代前半の頃・・・
脚の太さや、全体のぽっちゃりを気にしていた人もいたかもしれませんが
若い頃は、“くびれ”は自然にあったと思います。
あるのが普通だったと思います。
太め、細めと体型の差はあれど、若い女性はほぼ全員くびれています。
それは何故か???

くびれのカーブは、女性ホルモンとも深く関係しているからです。
なので、35歳以上のアラフォーあたりから、徐徐に女性ホルモンが減少し
くびれが、少しずつなくなってきている事に
ほとんどの人が気付かずに過ごしているかもしれません。
放っておくと、体重はさほど変わっていないのに、服のサイズも変わってないのに
裸になった時の、腰のカーブがほとんどない・・・
そんな状態になっている事もあるわけです。
なので、アラフォー以上の女性で、きちんとくびれている人は
意識して努力してくびれを作っている!のです。

 

★内臓の下垂

私たちは、毎日毎日、重力によって下に下に・・・
押し下げられる力に抵抗して生きています。
いや、抵抗せずに生きているから、下垂するんですよね!笑

内臓に限らずですが、全て重力からの影響を受けていますので
何もしなければ、下がる一方・・・
ヒップもバストも年々下がっていっています!
今日は、くびれの事について書いてますので、くびれに関係ある
内臓の下垂!
内臓って普段目にする事ないので、どんな状態かわからないと思いますが
お腹の中に、内臓ごとにきっちり仕切りがあってキレイに内臓が納められているわけじゃないのです。

想像してみて欲しいのですが、もつ鍋とか焼き肉で食べるホルモン・・・
あんなのが、どさっとビニール袋に入っている状態!
あくまでイメージですよ!
だけど、あんなにグニャグニャで柔らかい内臓が、お腹に入っているわけですから
腹筋が弱ってくると、どんどん下に内臓が下がってくるのは当然です。
若い頃には、上のほうに収まっていた内臓が、下垂する事で下腹がぽっこりし
美しいくびれが、どんどん年齢と共に崩れていくのです。

 

★肋骨の開き&下垂

肋骨は、年齢とともに広がってくるし、また下垂もしてきます。

え?骨まで????

と思うかもしれませんが、普段の日常生活で、ほぼ前傾姿勢で作業をする事が多いので
当然、背骨も少し前屈みに・・・肋骨も下がり気味になります。
さらに、脇腹が縮むと肋骨を引き上げようにも、上がりにくくなるんですね。

スタイルをよく見せるために大事な事

でも書きましたが、脇腹をしっかり伸ばして
肋骨を引き上げると、それだけでも自然とくびれができてきます。
また、肋骨の開きについては、両手でじわ〜っと肋骨を内側に押さえてあげるだけでも
徐徐に変化が出てきますよ!
あまり強く押しすぎないでくださいね!!!

 

くびれを作るようなストレッチや生活習慣については

★ボディーメイク集中コース

★アクティブビューティーコンサル

でもお伝えしています。

単発のレッスンやセッションでも、ワンポイントでお伝えしていくので

お気軽にお問い合わせくださいね!

お問い合わせフォームはコチラ→ フォーム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です