若返りと背骨の柔軟性

 

こんにちは!
アクティブビューティーMegumiこと、日高めぐみです。

開いていただきありがとうございます!!!

さて、今日は・・

若返りと背骨の柔軟性 です。

 

身体が硬いとか柔らかいとか・・・

自分で自覚している硬さって、たいていの人が

股関節が硬い

と、全身が硬いと思い込んでおります〜。

逆に、股関節が柔らかくて

開脚を180度近く、パカーンと開ける人は

私は身体が柔らかいわ!

って思っていますね。

 

殆どの人が、日常生活で意識していなくて

しかも、身体の老化と深く関わりがあるのが・・・

背骨の柔軟性

なんですよね。

 

背骨って意外と長いんですよね。

尾てい骨からずーっと首の上・・・

頭蓋骨の真下まで

腰椎、胸椎、頸椎

 

24個の骨が関節でジョイントされてるんですね〜

普段は、この背骨(脊椎)を意識する事ないけれど

背骨に添って、たっくさんの神経が流れているし

もちろん太い血管も流れているし

内蔵とも深く関わっている、身体のセンター

 

中心です

 

この大事な背骨が、硬くなると

全身の老化が進んできます〜!

逆に言えば

背骨が柔らかいと

 

若さを保てる( ̄▽ ̄)

 

ってこと。

ちょっと想像して欲しいのですが

年齢を重ねれば重ねるほど

おじいちゃん、おばあちゃんになったら

背骨を反れないどころか

空を見上げるのも苦しそうじゃないですか?

現代人は、スマホをず〜〜っと見ているせいで

若い人でも、老人みたいに背骨が硬くなってる人多いです!

 

なので、日頃から、ちょっと背骨を柔らかく

反らせることもやってみましょう〜!!!

 

ヨガのポーズとか、難しいことをする必要ないですよ!

背骨を反らせる時の注意点をちょっと書いてみますね〜!

 

軽る〜〜くこれくらい反るだけでも十分!

 

いきなり反ると・・・・

 

グキッ!!!!

 

っていってしまいますので、まずは腰を回したり

前後に倒したりして準備体操してくださいね!

 

では!

・足を腰幅に開いて、膝を軽く曲げる

・おへそをのぞくようにアゴを引いておく

・太ももの前、おへそを前に突き出すようにする

 その時、しっかり腹筋を使ってお腹を締めておく

・ゆっくり胸を天井に向けて広げながら、目線も天井

・もっと反れる人は、ゆっくり後ろの景色を見ても!

 

大事なのは、腰だけを反らせようとしないこと!

 

反らせた後は、軽く前屈みになって

腰を叩いてほぐしてあげてくださいね〜!!

背骨が硬くなってる人は、ちょっと反っただけで・・・

 

うぅ〜〜〜〜

く、苦しい〜〜〜!!!

 

っと、相当自分の硬さを認識すると思いますが

何もしなければ、どんどん硬くなりますからね〜!

背骨を柔らかく!

若い身体をキープしましょう〜!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です