蕁麻疹や肌トラブルの7つの原因

こんにちは!
アクティブビューティーMegumiこと、日高めぐみです。

 

肌トラブルを抱える女性って多いですよね?

今日は、肌トラブルの原因7つと対処法を詳しく書いていきますね。

 

私は20代の頃、今思えば・・・ですが

結構過酷な労働をしていました。

毎日、会社を出るのが21時22時・・・は当たり前。

23時くらいでも普通な感じで家に着くのは日が変わってから。

早い時でも、会社を出る時には外は真っ暗で

明るいうちに会社を出る習慣もなく、“アフターファイブ”って言葉は

私にとっては謎の存在・・・そんな働き方だったのです。

 

とはいえ、健康状態は悪くなくて

“デザイン”という好きな仕事をしていた事と

同僚や仲間と楽しく仕事ができていたので、ストレスはなくて

病気をする事もなく、労働の過酷ささえも生き甲斐であり

やり甲斐に感じていたんだな〜〜〜っと

今だから思うこと。

っで、今思えば・・・なんですが

その頃は、季節の変り目だとか、少し外食が続いた時には

必ずと言って良いほど

 

蕁麻疹が出たり

ブツブツが出たり

手や足に水泡ができたり

 

そんな、謎の肌疾患が定期的にあったんです。

その当時は、その肌疾患を

 

私、敏感肌やから〜

 

体質のように捉えていました。

実際、敏感肌ぎみだったのは確かなんですけど

季節の変り目などに出る、肌の水泡だったり

胃腸が疲れた時に出る蕁麻疹さえも

 

体質だ・・・

 

って思い込んでいたんですね。

でも、今確かに言える事があります。

 

体質じゃない!!!

原因は自分にある

 

と。

30代になって、転職してからも

時々の肌トラブルはありました。

気にするほど大した事もなく、(あっ!また出たわ・・・)という程度。

 

足首あたりにブツブツができてたり・・・

手の指と指の間に水泡ができてたり・・・

手の平の皮がベロベロめくれたり・・・

 

身体がいたって元気だったので、気にする事なく

その時々に、ちょっと皮膚科に行くのが面倒だったくらいで

時間が経てば、いずれ治るだろうと思ってた・・・

 

そんな小さな小さな肌トラブル

スルーしておけるくらいの肌トラブルは

現在、一つもありません。

 

そして、ちょっと不摂生をして肌にトラブルが出たとしても・・・

 

劇的にすぐ治ります

 

私もいろんな小さな小さな不調を経験し

病気になるほどでもなく、健康!っという

自負の中ででも起こっていた、小さな肌トラブル・・・

 

今だからわかる事ですが

肌トラブルの原因は100%自分

自分を取り巻く環境も含めて、自分

 

っと言えます。

 

なので逆を言えば治るんです!!!

治せるんです!

気にするほどじゃなくても、ちょっとしたブツブツ

痒かったり、赤くなったりする不快感

いやですよね?なんか精神的にダメージきますよね?

そんなの全部、出ないようにできるんです!!!

原因を取り除きさえすればね!

 

原因は、複雑に絡み合っていたりしますけど

大きく分けると以下の7つです。

この7つの原因を取り除けば、絶対に絶対に治るから!

 

・睡眠

・筋肉の硬直

・体液の循環

・食生活

・内臓の疲れ

・思考

・ストレス

 

この中でも親玉級に悪いヤツがストレスでして。

このストレスが原因で、睡眠不足になったり筋肉が硬直したり・・・と

かなり紐づいている部分はあるんですけど

あえて対処しやすいように分解して書きますね。

 

睡眠

睡眠時間◯時間!にこだわる事はないです。一日に5時間以上眠れていれば
そんなに問題ないんじゃないか?と私は思っています。
それよりも、寝起きの状態。
起きた時に、鉛のように身体が重い人は、睡眠中に疲れが取れていません。
睡眠前に、しっかり入浴して、身体を一度しっかり温めて筋肉を緩めて
呼吸を深くしてリラックスした状態にリセットする。
それから眠るようにしてみてください!
朝の目覚めが変わってきたら、良い傾向です!

 

筋肉の硬直

疲れて帰ってきて、1分でも睡眠を多く取るために、そのままバタンキューしていませんか?
筋肉がガチガチに硬直したまま寝ても疲れは取れません。
たいていの人は、肩や首がガチガチになっているので、おのずと頭のガチガチです。
頭の働きも悪くなります。
筋肉の硬直により血管が収縮して、末端まで酸素や栄養が供給されなくなります。
肌表面にまで栄養がいかなくなります。
肌の表面にある抗菌効果が減っていく状態と、筋肉の硬直も実は関係あるのです。
肩を回す、首を回す、屈伸してみる・・・そんなちょっとした事で良いので
身体を動かして筋肉を緩めましょう!入浴も大切です。

 

体液の循環

身体が浮腫んでいる。足が浮腫んでいたり顔が浮腫んでいたり・・・
そんな人は体液の循環が滞っています。
体液=リンパ液の循環が悪くなると、肌は化膿しやすくなるし肌の免疫は一気に落ちるのですよね。
体液の循環のために、関節をよく動かすことと、マッサージです。
マッサージの仕方がよくわからない人は、とにかくふくらはぎや、太ももを
握りこぶしでドンドン叩いてみてください。痛いはずです。
腕とか肩も叩いてよいと思うので、張っているな〜と思う所を叩いてみてください。
そうするだけでも、体液は巡り始めます。

 

食生活

肌は食べたもので出来ていると思ってください。
肌トラブルが起きたらやめる事は・・・
<外食、インスタント食品、コンビニ食品、お菓子、揚げ物>
とりあえず、治るまででよいので控えてみましょう。
塩分や小麦、添加物の過剰摂取や、質の悪い油の摂取は肌トラブルの元です。
元気な状態の人であれば、週に数回程度ならどうって事ないのですけど
今、肌トラブルがある人は、免疫力が落ちているので
口に入れる食べ物には注意してみてください。

 

内臓の疲れ

上記の食生活にも関係あるのですが
毎日自炊の、自然食だったとしても内臓が元気がなくなると消化にストレスがかかります。
肌トラブルがどうしてもおさまらない時は、絶食してみてください。
絶食といっても、極端な事はしなくて良いです。
寝る時間を使って、例えばがっつり12時間くらい寝る!!!
そうすれば、必然的には食べない時間が長く保たれます。
寝る前3時間以上前に食事をしてから、12時間寝たとしたら
15時間はなにも食べずに居られるのです。そうする事によって内臓が休まって
本来の消化機能を復活させる事ができるので、一度やってみてください。
胃腸だけでなく、デトックス機能のある肝臓や腎臓も休まるので
睡眠不足気味の人にも、これは効果があるのでやってみてください。

 

思考

思考によって、同じ出来事でも快にも不快にもできるくらい
実は大事なんですが、まさか肌と関係してるなんて?って思うでしょう?
していますよ!めちゃくちゃ。
恋愛したら肌がキレイになるのもそのためです。
逆にイライラや不安や悲しさを抱えていると、肌も元気がなくなり
抵抗力も失われていくのです。
肌トラブルがあっても楽しい事ばかり考えているよ〜!なんにも不安もないよ〜!
って言う人!(当時の私)
みたいな人は、能動的に(これ、やらなくちゃ!)っという責任感という思考に
陥っている可能性があります。
本人が能動的に思っている、むしろやる気出してる事なので、ネガティブだとは思っていません、
(やらなくちゃ!)っという義務感、責任感はどこから来てるの?
勝手にそこにとらわれてしまっている事に気付いてみてください。

 

ストレス

いよいよ親玉がきました!笑
今まで書いた6つ全て、コレが原因じゃないの?って事なんですが
多くの人は、何にストレスを感じているのか?に気付かないのです。
私もかつてはそうでした。
会社に行けば社会に出れば、締切があって時間厳守で頑張るのが当然!
理不尽な事でも、雇われているから受け入れるのが当たり前。
自分が少し苦手なタイプであっても、悪人じゃないし・・・
同僚とうまく折り合いつけてやっていかなくては。
朝早くから、満員電車に乗って毎日毎日通うのはみんなやっていること。
それをイヤだと言ったら、大人としてワガママだ!って思うような事は
実はあなたのストレスになっています。
ストレスから開放されるために、すぐに会社を辞めよう!なんて言っていません。
その社会の当たり前は、人の身体にとって当たり前ではなくてストレスになっているんだよ!
って事に気付いてください。
そうしたら毎日ストレスから少しでも開放してあげるために家に帰ってからの過ごし方が変わりませんか?
休日の使い方、休日の遊び方が変わりませんか?
お酒でストレスを発散したり、タバコをバカスカ吸っても発散になりません。
自分の身体を思いやって、日々小出しにストレスを開放していきましょう。

 

と、長々と書きましたけど

肌トラブルは、薬を塗って押さえ込むのではなくて

原因から取り除いてみてください。

何度も何度も、この記事読んで実践してみてくださいね!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です